3.2.1.5. 「API」タブ

アプリで利用するネクストエンジンAPIに関する情報を設定できます。

以下の場合のみ設定ができます。

・アプリの種類が「メイン機能と連携するアプリ」、「ネクストエンジンログインのみのアプリ」の場合

概要

  • ネクストエンジンでAPIを利用できるアプリは原則Webアプリケーションを想定しています
  • アプリの稼働するサーバーはアプリ開発をされる企業様でご用意いただく必要がございます
  • 詳しくは「ネクストエンジンAPIマニュアル」をご参照ください
  • アプリ開発で必要なAPIのご利用には「API」の設定が必須です
  • 審査が完了するまでは「テスト環境設定」で設定したクライアントID、クライアントシークレットのみ利用可能です
  • アプリ販売後の利用開始までは本番環境設定(通常利用しているメイン機能)でのテストはできませんのでご注意ください

本番環境設定(審査時必須)

販売が開始されてから使用される環境を設定します。

RedirectURI

リダイレクトURIを設定します。https必須、最大200文字(半角英数字)まで入力が可能です。

リダイレクトURIとは
ネクストエンジンAPIでは、(1)API(弊社)と(2)アプリ(アプリ開発企業様)のサーバーとでHTTP通信を行い必要な情報をやりとりします。その際に(1)から(2)へリダイレクトするURLをリダイレクトURIとしています。
クライアントID

RedirectURIを入力後、「更新」ボタンを押すと設定されます。

クライアントシークレット

RedirectURIを入力後、「更新」ボタンを押すと設定されます。 新しい値を設定したい場合は、クライアントシークレット文字の横にある(更新)をクリックします。 更新すると、稼働中のAPIアクセスは無効になります。

クライアントID、クライアントシークレットとは
ネクストエンジンAPIがアプリを識別するために必要なIDとパスワードのようなものです。1つのアプリに本番とテスト用の値が存在します。非常に重要な情報ですので、絶対に第三者には公開せず厳重に扱ってください。

テスト環境設定(審査時必須)

テストで使用される環境を設定します。開発中はこちらの値をご利用いただくことになります。アプリの審査承認にはテスト環境でテストをできることが必要です。

アクセス情報

メイン機能のAPI一覧です。アプリで使用するAPIの利用許可、不許可を選択します。 アクセス情報が適切に設定されていないとAPIがご利用できませんのでご注意ください。アプリの種類が「メイン機能と連携するアプリ」の場合のみ設定できます。

アクセス情報とAPIの対応は「ネクストエンジンAPIマニュアル – リクエストURL一覧」をご参照ください。